2011年04月05日

政府の対応と今後のコウナゴ漁


茨城県の漁協は5日、北茨城市の近海で4日に採取した
コウナゴ(イカナゴの稚魚)から、暫定基準値の1キロ当たり
500ベクレルを上回る526ベクレルの放射性セシウムが検出された
ことを明らかにした。魚介類が基準値を超えたのは初めて。

ほかに1700ベクレルの放射性ヨウ素も検出された。
漁協は、県全域でのコウナゴ漁を自粛すると発表した。



枝野幸男官房長官は5日午後の記者会見で、茨城県北茨城市で採取した
コウナゴ(イカナゴの稚魚)から暫定規制値を上回る放射性物質が検出された
ことについて「現時点で出荷制限をしない」との考えを示した。

背景としては、規制値を上回った魚がまだ1検体であることや、
コウナゴ漁が中止されていることを挙げた。
posted by あきな at 23:49| Comment(0) | 茨城産のコウナゴで放射能検出! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。