2011年04月05日

政府の対応と今後のコウナゴ漁


茨城県の漁協は5日、北茨城市の近海で4日に採取した
コウナゴ(イカナゴの稚魚)から、暫定基準値の1キロ当たり
500ベクレルを上回る526ベクレルの放射性セシウムが検出された
ことを明らかにした。魚介類が基準値を超えたのは初めて。

ほかに1700ベクレルの放射性ヨウ素も検出された。
漁協は、県全域でのコウナゴ漁を自粛すると発表した。



枝野幸男官房長官は5日午後の記者会見で、茨城県北茨城市で採取した
コウナゴ(イカナゴの稚魚)から暫定規制値を上回る放射性物質が検出された
ことについて「現時点で出荷制限をしない」との考えを示した。

背景としては、規制値を上回った魚がまだ1検体であることや、
コウナゴ漁が中止されていることを挙げた。
posted by あきな at 23:49| Comment(0) | 茨城産のコウナゴで放射能検出! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茨城産のコウナゴで放射能検出!

同漁協は漁の再開にあたり、1日までにコウナゴなど5種類を試験的に採取。
厚労省はうちコウナゴについては野菜類(根菜、芋類を除く)の2千ベクレルと
比べて高いことなどから食べないよう助言した。
県によると、県沖ではコウナゴ漁をしておらず、市場に出回ることはないとしている。

コウナゴは1日に小型船で北茨城市沖の水深11メートルで採取された。
ほぼ同時期に採取したヤリイカとヒラメは放射性ヨウ素がいずれも13ベクレル、
アナゴは31ベクレルと低かった。

このため武子組合長は、コウナゴを除く底引き漁船の操業、出荷は行う予定で
「茨城の魚は安心なので、食べてもらいたい」と話しているようです。

posted by あきな at 23:47| Comment(0) | 茨城産のコウナゴで放射能検出! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウナゴから放射能が検出された経緯 


同漁協は漁の再開にあたり、1日までにコウナゴなど5種類を試験的に採取。
厚労省はうちコウナゴについては野菜類(根菜、芋類を除く)の2千ベクレルと
比べて高いことなどから食べないよう助言した。
県によると、県沖ではコウナゴ漁をしておらず、市場に出回ることはないとしている。

コウナゴは1日に小型船で北茨城市沖の水深11メートルで採取された。
ほぼ同時期に採取したヤリイカとヒラメは放射性ヨウ素がいずれも13ベクレル、
アナゴは31ベクレルと低かった。

このため武子組合長は、コウナゴを除く底引き漁船の操業、出荷は行う予定で
「茨城の魚は安心なので、食べてもらいたい」と話しているようです。
posted by あきな at 23:45| Comment(0) | 茨城産のコウナゴで放射能検出! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茨城産のコウナゴで放射能検出!

茨城県の平潟漁協は4日、市の沖で採ったコウナゴから
1キロあたり4080ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと発表した。

食品衛生法では、魚や肉には、放射性ヨウ素の暫定基準を定めておらず、
厚生労働省は基準づくりを検討する方針。

このコウナゴからは放射性ヨウ素のほか、同セシウムが暫定基準の
500ベクレルに近い447ベクレルを検出した。

恐ろしいですね。ついに海産物まで放射能の影響を受け始めました
皆さんご注意ください。
posted by あきな at 23:42| Comment(0) | 茨城産のコウナゴで放射能検出! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。